カードローンを利用する際の在籍確認の方法

カードローンを利用する場合には、基本的に申し込み後に在籍確認が行われます。
主婦 借入にも書かれているとおり専業主婦の場合は自宅に電話があります。
これは、審査の申し込み時に記入した勤務先などに、実際に勤務しているのかなどを確認する目的もあって行われますが、一般的には電話での確認になります。
勤務先に申し込みをした金融会社から電話がかかってきて、申し込み者がちゃんとその会社に在籍しているかを確かめます。
わざわざ会社に電話が入ると聞くだけで身構えてしまいそうですが、実際には名前や住所など基本的なことの確認だけですので、答えに戸惑うような質問をされることはありません。
さらに同僚などにカードローンを利用することがわかってしまわないように、金融会社の名前でかけてくるようなことはなく、必ず個人名でかかってきますので安心です。
かりに本人が電話に出られなくて他の人が出た場合でも、席をはずしているなどの受け答えで、本人がたしかのその会社に在籍していることさえ確認できれば、改めてかかってくることもありません。
ですが最近ではどうしてもこの在籍確認の電話を避けたいという人が増えていることもあって、金融会社の中では電話での在籍確認をせずに済ませるところも増えています。
その場合には、保険証や社員証などその会社に在籍していることがわかる書類などを提出することで代用することになります。
提出書類の種類などは金融会社によって違ってきますので、コールセンターなどで確認しておくとよいでしょう。